フリーランスがRPA案件で稼ぐためには?RPAの将来性や求人・案件を紹介!

  • 「RPA案件でどの程度稼げるのか知りたい」
  • 「どんな条件のRPA案件・求人があるのか知りたい」
  • 「RPAに今後の需要(将来性)はあるか不安」

RPAは一時期ブーム的に需要が高まったこともあり、現在も将来性はあるのか、どんな案件があるのかなど気になる方は多いでしょう。

今回は、RPAの案件・求人の紹介を通して、RPA案件の平均単価や必要なスキル・経験などを解説します。

フリーランスとしてRPA案件に携わる場合は、本記事をぜひ参考にしてください。

\案件獲得までのカンタン3STEP/

目次

IT業界におけるRPAとは?どんな仕事内容?

RPAとは?

RPA(Robotic Process Automation)は人間が行う作業を、ソフトウェアやロボットが代替して処理を行う技術の一種です。

RPAは主に3段階のフェーズに分けられます。

【Class1】RPA(Robotic Process Automation)

人が行う単純作業を、アプリケーションやソフトウェアを利用して代替処理を行うフェーズです。

会計処理やバックオフィス業務などが主な対象になります。

【Class2】EPA(Enhanced Process Automation)

機械にデータ収集と分析を対応させたフェーズです。

ログの解析やデータ処理を行えるため、複雑な要因が絡んだ販売予測のような非定型業務を可能にします。

【Class3】CA(Aognitive Automation)

機械が自立的に判断を行えるフェーズです。

いわゆるディープラーニングを搭載しており、自ら学習を繰り返すことで、臨機応変に意思決定が可能です。

社会現象、株価、天候などの情報をもとに、生産指示や販売予測を可能にします。

RPAエンジニアの今後(将来性)は?時代の終焉が近づいている?

RPAの時代は終わった?

最近、「RPAの終焉」や「RPA幻滅期」という言葉を耳にする機会が増えています。

現状RPAに対し、ある種の幻滅のような感覚を持っている人が多い理由は、そもそもRPAに対して「機械が何でもやってくれる」「とりあえず導入すれば効率化できる」という幻想的な考えを抱いていた企業が多いためだと考えられます。

しかし、実際にはRPAに向いていない業務も数多くあり、向いていない業務を無理やりRPA化した結果、結局工数は削減できず生産性も向上もせず、コストだけがかかるという結果を生みました。

そのため、RPAは(登場初期の幻想よりかは)役に立たなかったというイメージがついているのでしょう。

RPAに需要(将来性)はないのか?

しかし、逆に言えばRPAに向いている業務を自動化させることができれば、効果が出ることは数多くの企業で証明されています。

また、株式会社MM総研による「RPA導入率の推移」グラフをみると年々導入率が増加しています。

そのため、企業の利益を増加させるために、正しい目的に沿ってRPAを導入したいという例は今後も増え続けるでしょう。

募集されているフリーランス向けRPA案件の詳細

RPAに関するエンジニアは具体的にどのような仕事を行うのでしょうか。
ここでは、具体的な業務内容とともに、実際の案件例を紹介します。

RPAエンジニアは在宅という形で、副業として参画できる案件も数多くあるので注目です。

エンジニア業務(設計・運用・構築)

1つ目はエンジニア業務です。

RPAのエンジニア案件は大きく「導入案件」「運用・保守案件」「導入から運用・保守までの一気通貫案件」に分けられます。

導入案件は要件定義から設計、実装、テストなどを行うプロジェクトです。

運用・保守では、RPA黎明期に導入された、エラーが多いシステムの運用・保守・改善を任される場合が多くあります。

参画後は、主にWinActorやUiPathといったRPAのソフトウェアを活用して業務を行うことが多いですが、Python,Java,Excel VBAなどを活用できる案件も多いです。

プロジェクトの業界やフェーズによって、案件単価や求められるスキルは幅広いため、自分の希望にあった案件を探すことができます。

では、ここから具体的な案件例をいくつか紹介します。

【案件例①】RPA開発支援作業

案件内容

・企業向けの業務効率化RPAプロジェクト
・WinActorもしくはRPAでの開発
・クライアント打ち合わせ〜設計/実装

必要スキル ・RPAまたはWinActor経験
報酬(稼働100%を想定) 50万円~70万円/月
勤務地 東京都

 

【案件例②】社内システム自動化

案件内容

・大手通信関連企業の案件
・社内/社外システムの自動化プロジェクト
・業務選定、基本/詳細設計、RPAシナリオ策定、テストを担当
・経験によっては、社内でのRPA講座の講師

必要スキル

・RPA開発プロジェクトでの業務選定、基本/詳細設計、RPAシナリオ策定、テストまで一通り実施した経験

歓迎スキル

・VBAの知見
・.NETの知見

報酬(稼働100%を想定) 70万円/月
勤務地 東京都(一部リモート)

 

【案件例③】商社向けシステム導入開発

案件内容 ・商社向け連結会計システム導入のツール開発
・UiPathを使用したRPA化の設定、動作確認、ドキュメント作成
・ユーザーとの要件確認、RPA化の作業検討
・ロジックプログラミング
必要スキル

・UiPathを使用したシステム開発経験
・大規模プロジェクトの経験

歓迎スキル

・連結会計の知見

報酬(稼働100%を想定) 72万円/月
勤務地 東京都(一部リモート)
稼働率

週5日

 

プロジェクトマネジメント(PM)業務

2つ目はプロジェクトマネジメント(PM)業務です。

PM案件では、RPAの導入や運用・保守プロジェクトの管理を行います。

RPAの開発や運用の実務経験はもちろん、他にも課題管理、進捗管理などプロジェクトを成功させるために必要な能力・経験も求められます。

多くの案件はPM業務だけでなく、開発・運用に並行してPM業務も行う場合が多いです。
そのため、エンジニア業務のみの案件よりも単価が高い傾向があります。

具体的な案件例をいくつか紹介します。

【案件例①】飲料メーカー向けRPA導入

案件内容

・飲料メーカー向けRPA導入プロジェクト
・WinActorからUiPathへの移行に伴う業務を実施
・現行業務プロセスの調査、業務分析
・各種ドキュメント作成(移行計画書等)
・課題管理、進捗管理

必要スキル ・UiPathの設計、構築、開発、運用に関する経験
・業務設計、業務分析の経験
歓迎スキル ・システム設計の経験
・システム開発プロジェクトにおけるマネジメントの経験
報酬(稼働100%を想定) 75万円/月
勤務地 東京都

 

【案件例②】小売業_保守運用

案件内容 ・UiPath(一部ExcelVBAを併用)で作成された既存ロボットの保守(開発)対応、および運用作業
・保守対応については、エンドユーザーとの要件調整から本番リリースまで、一連の作業すべて実施
・運用作業は定期実行しているRPAが異常終了した際の調査および再実行を実施
・運用作業がメインで、空き時間で保守対応 
必要スキル

・RPA(UiPath)の開発実務経験1年以上
・言語問わずプログラム開発経験3年以上
・VBA(Excel)のコーディング経験
・待ち姿勢ではなく一人称で能動的に業務遂行できること
・設計、及び開発のルールや規約、フレームワークを意識した推進ができること
・お客様との会話の中から、課題を特定し確認すべき内容を聞き出せること
・お客様の目線に立った伝え方、感情に配慮した言葉選びができること

歓迎スキル

・UiPath Orchestrator の実務経験
・VB.net の開発経験

報酬(稼働100%を想定) 77万円/月
勤務地 東京都
稼働率

週5日

 

【案件例③】損害保険会社の独自RPA保守対応

案件内容 ・損害保険会社のシステム子会社の社員代替として、独自開発のRPAツールの保守、改修に関連する設計、製造、レビューを担当
必要スキル

・オープン系の開発経験5年以上
・基本設計などの作成経験
・レビューア経験者

歓迎スキル

・net C#、SQLServerでの開発経験
・リーダー経験

報酬(稼働100%を想定) 77万円/月
勤務地 東京都
稼働率

週5日

 

コンサルティング業務

3つ目はコンサルティング業務です。

コンサルティング案件では、RPAを活用して企業の課題を解決することに焦点を当てた業務を行います。

具体的には、企業の課題を解決するために何の業務を対象に、どのようにRPA化をさせるのか、ツールは何を使うべきか、といった分析や意思決定を行います。

コンサルタントが開発を行うことはあまりなく、あくまでプロジェクトを開始する前に決定するべきことをコンサルティングするケースが多いです。

とはいえ、ツール選定やRPAで何ができるのかを理解するために実務経験は必要になります。

具体的な案件例をいくつか紹介します。

【案件例①】導入に伴う事前業務整理及びツール選定支援

案件内容

・業務選定基準の策定
・対象業務の選定
・業務整理
・RPA化候補業務の開発工数試算
・UiPath/Blue Prism/Power Automateと各システムの親和性確認
・開発スケジュール案策定
・非機能要件の策定、環境デザイン

必要スキル ・RPA導入に向けた業務整理経験
・UiPathまたはBlue PrismによるRPA開発経験
歓迎スキル ・Power Automateに関する知識
・2月中旬からの参加
報酬(稼働100%を想定) 90万円/月
勤務地 東京都(フルリモート)
稼働率

週5日

 

【案件例②】ネットメディアサービス向け改善検討/推進

案件内容 ・RPAやAI-OCRを活用した業務改善の検討、推進
・現状業務のヒアリング、整理、改善に向けた業務フローの検討、策定
・関係各所とやり取り、業務改善の推進
必要スキル

・PMO実務経験

歓迎スキル

・BPRプロジェクトの経験

報酬(稼働100%を想定)  90万円/月
勤務地 東京都
稼働率

週5日

【案件例③】契約管理業務自動化

案件内容

・予約システムサービスの開発案件
・契約管理業務の自動化およびコンサルティング

必要スキル

・契約管理業務の⾃動化およびコンサルティング経験

報酬(稼働100%を想定) 95万円/月
勤務地 東京都
稼働率

週5日

\案件獲得までのカンタン3STEP/

WinActorやUiPathなどRPA案件の平均単価はいくら?

フリーランスのRPAエンジニアは業務範囲によって単価が変動します。
フリーランス向けの求人サイトを参考にした場合、先述した業務別の案件単価はおよそ以下のとおりです。

  • 【エンジニア業務】40万円~90万円
  • 【PM業務】60万円~100万円
  • 【コンサルティング業務】70万円~110万円

どの業務も、案件によっては年収1,000万円を超えることも可能です。

基本的には「エンジニア業務」<「PM業務」<「コンサルティング業務」の順で案件単価が高くなります。

RPA案件を獲得・契約するために必要なスキルや経験

ここからは、フリーランスのRPA案件に求められるスキルや経験を紹介します。

必要なスキル・経験をまとめると以下のとおりです。

  • RPA(ツール)に関する知識
  • 顧客業務の知識
  • システムの開発スキル
  • コンサルティングの経験
  • 【その他】Python、Java、Excel VBAなどのスキル

RPA(ツール)に関する知識

1つ目はRPA(ツール)に関する知識です。

まずはRPAに関する知識がないと始まりません。

なぜなら、どうやってRPAを導入・運用・保守するのか、RPAはどのような業務に向いているのか、RPAで解決できる課題は何かといった基礎的なことを理解していなければ、RPAによる課題解決が難しいためです。

また、RPA案件はWinActorやUiPathといったRPAツールの活用機会が多いため、RPAツールの使用スキルがあれば多くのRPA案件に携われます。

顧客業務の知識

2つ目は顧客業務の知識です。

顧客業務の理解に関しては、RPAのシステム開発・導入を行う上で重要です。

なぜなら、システムの要件定義や基本設計を行う際に、担当顧客の業務内容や業務プロセスの理解があることで、スムーズに業務を行えるためです。

また、顧客特有の業務を理解することは重要ですが、例えば経理システムであれば経理についての知識、簿記の知識など職種ごとの知識を身につけておくことも有効でしょう。

職種ごとのおおまかな理解をしておくことで、RPAエンジニアとしてより広範囲の案件に携わることができます。

システムの開発スキル

3つ目はシステム開発スキルです。

RPAのシステム開発と一般的なシステム開発には重なる部分が多くあります。

両者ともに、要件を定め、設計・構築を行うことでシステムの開発を行うため、一般的なシステム開発スキルがあれば、RPA案件でも活躍することができるでしょう。

また、RPAツールは基本的なプログラミングの知識がないと使用できないです。
その観点から見ると、システム開発の前段階のプログラミングへの知見も必要となります。

コンサルティングの経験

4つ目はコンサルティングの経験です。

コンサルティング案件は、RPAの導入に関連した業務整理やコンサルティングの経験がないと参画が難しいためです。

もちろんRPA自体の知見や開発スキルは必要ですが、その上でRPA化対象業務の選定や開発工数試算、スケジュール策定などを行う必要があります。

そのため、会社員のうちにコンサルティング業務や、それに近いPMの経験を積んでおくと有利でしょう。

【その他】Python、Java、Excel VBAなどのスキル

5つ目はPython、Java、Excel VBAなどのスキルです。

RPA案件は、RPAツールのみならずPythonやJava、Excel VBAなどのスキルを活用できるプロジェクトが多くあります。

なぜなら、企業や業務内容によって適切なRPA化するシステムが異なるためです。

例えば、求人サイトを見るとPythonは金融トレードの売買システムやBIシステムなどのRPA案件があり、Javaは人材ビジネス向け管理システムやクレジットシステムのRPA案件などがあります。

もちろんそれぞれ重なる領域もありますが、現在自身が保持しているプログラミングスキルを活用できるRPA案件も見つかるかもしれません。

まとめ:フリーランス向けのRPA案件は今後も需要があり、年収1,000万円も目指せる!

フリーランス向けRPA案件の情報まとめ

  • 業務は主に「エンジニア業務」「プロジェクトマネジメント業務」「コンサルティング業務」に分けられる
  • 案件単価は40~110万円で平均単価は約80万円
  • RPAツールを利用した案件が多いがPythonやJavaなどを活用する案件もある

RPAは人間が行う作業をソフトウェアやロボットが代替処理を行う技術を指し、簡易的なものから複雑なものに応じて3つのフェーズに分けられます。

そして、システム開発や運用・保守に関連して幅広いプロジェクトで必要とされるのがRPAエンジニアです。

案件単価は業務範囲によって変わりますが、平均単価は約80万円であり、年収1,000万円を目指すこともできます。

RPAツールの使用経験がなくとも、プログラミング言語やExcel VBAのスキルで参画できるRPA案件も多くあります。
気になっている方は、まずは求人サイトで希望の案件を探してみてはいかがでしょうか。

以上、RPA案件についての情報まとめでした。

高待遇の案件を探したいフリーランス向け
フリーコンサルタント 案件一括検索

高待遇の案件を探したいフリーランス向け
フリーコンサルタント 案件一括検索

    「今より報酬を上げたいけど、案件を探すのが面倒」
    「複数のエージェントと会話するのが大変」
    「案件が終了するから、今すぐに案件を獲得したい」
    などと感じている方は、案件一括検索サイトがオススメです。

    現在、フリーコンサルタントの需要が高まっているため、 様々な案件が市場に出回っています。

    しかし、
    「関係が深いエージェントからの紹介だから」
    「案件を受注するまで手間が掛かるから」
    という理由で、きちんと情報収集を行わずに 案件を決めてしまっているフリーコンサルタントの方が多くいます。

    結果、気づかないうちに、高待遇の案件を逃してしまっているケースも多々あります。

    そのようなことを避けるため、私はフリーコンサルタント案件の検索サイトの活用をおすすめしています。

    検索サイトは、
    ①簡単に複数の案件を検索できる
    ②エージェントとのコミュニケーションを一括でできる
    ③今よりも報酬や労働環境が良い企業が見つかる
    というメリットがあります!

    ・今よりも良い報酬や労働環境で働きたい方
    ・契約後に後悔したくない方
    は、ぜひ一度ご利用ください。

案件を一括検索する
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる