フリーランスITコンサルタントとは?業務内容や単価、案件獲得方法などを解説

目次

ITコンサルタントの仕事

ITコンサルタントは主に、ITに関する知識やスキルを活かして、企業の抱えている問題を解決する仕事になります。

そのため、一般的なコンサルタントとは違い、事業戦略や改善の提案はあまり行わず、IT視点でコンサルティングを行います。

 ITコンサルタントはどんな仕事をするのか

コンサルティングを行っている企業に対して、システムの導入支援やその企業に適したシステムの提案など、IT関連のアドバイスや改善を行います。

また、IT技術の導入やオンライン化に問題を抱えている企業や、社内の課題をIT技術で解決・改善したいと思っている企業に対して、的確にコンサルティングします。

そのため、ITコンサルタントは問題の原因分析や解決策の提案、システム導入や改善、実行支援などとても幅広い範囲で業務を行います。

ITコンサルタントはフリーランスにも適した職業

フリーランスがITコンサルタントとして活動すると、上司からの命令や報告書の提出、報告会議などが必要なく組織に縛られずに働けます。

そのため、自分のペースで仕事を進めることができ、時間も効率的に使うことが可能です。

さらに、フリーランスとして活動することで、他のコンサルティング会社よりも低い単価で仕事を引き受けられます。

その結果、顧客からの満足度やリピート率が上がりやすく、価格競争の中でも有利に働けます。

ITコンサルタントの年収と単価相場

会社員としてITコンサルタントを行っている場合の年収や、フリーランスのITコンサルタントとして活動している場合の単価相場は、いくらあるのでしょうか。

続いては、ITコンサルタントの年収と単価相場について解説します。

会社員ITコンサルタントの平均年収

会社員としてITコンサルタントを行っている場合、平均年収は約600万円になります。

また、年齢やキャリア、活動している地域によっても平均年収は違いますが、基本的にITコンサルタントは日本の平均年収よりも多く収入を得ることができます。

さらに、ITに関する知識やスキル、資格を身につけ、活躍の幅を広げていけば、平均年収以上を稼ぐこともできます。

しかし、平均年収が高い分、求められるスキルも高くなるので、簡単には目指せません。

フリーランスITコンサルタントの単価相場

フリーランスITコンサルタントの単価相場は、コンサルティングファームの在籍年数や実績、業務内容によって違うため少し幅がありますが、基本的に約100万円から200万円になります。

そのため、フリーランスITコンサルタントの場合は、平均年収が1,000万円を超えることも珍しくなく、一般的に会社員ITコンサルタントよりも大きく収入を得ることが可能です。

しかし、会社員とは違い仕事や収入が不安定になってしまう場合も少なくありません。

フリーならITコンサルの方がSEよりも単価が高い傾向

フリーランスITコンサルタントの単価相場は、約100万円から約200万円になりますが、フリーランスSEの単価相場は約30万円から約100万円になります。

仕事内容や持っているスキル、キャリアなどによっても違いがありますが、フリーランスで活動する場合、ITコンサルタントの方が高い単価で仕事を引き受けられます。

また、ITコンサルはSEと違い、ITに関する知識だけではなくビジネスに関する知識も求められるため、SEよりも単価が高い傾向にあります。

フリーランスのITコンサルタントになるメリット

会社員のITコンサルタントとしてではなく、フリーランスのITコンサルタントとして活動するとどのようなメリットがあるのでしょうか。

続いては、フリーランスのITコンサルタントになるメリットについて解説します。

会社員のときより収入が増える場合が多い

フリーランスのITコンサルタントは、会社員のITコンサルタントと違い会社からではなく直接クライアントから仕事を引き受けているので、全て自分の収入になります。

さらに、自分で営業して単価交渉を行うことができるので、会社員よりもフリーランスの方が収入が増える場合が多くなります。

そのため、自分の行動次第で収入を増やすことができます。

会社などに属するよりもローコストなので低い単価を提案できる

フリーランスのITコンサルタントは、組織ではなく個人で活動しているので、会社と違い人件費や会社の水道光熱費などがほとんど必要無く、ローコストで活動することができます。

さらに、売上のほとんどが自分の所得です。

そのため、同じパフォーマンスで企業のコンサルティングよりも低い単価を提案することができ、価格競争で有利になれます。

得意分野ややりたい仕事など案件を自由に選択できる

フリーランスのITコンサルタントは、営業活動からコンサルティング業務まで全て1人で行います。

さらに、会社員とは違い上司からの命令やルールなどが無いので、自分の得意分野を専門に行ったり、さまざまな提案をしたりすることが可能です。

また、ハードで少し難易度が高いと感じる仕事は断ることもできるので、仕事の自由度が高くやりがいを感じやすいです。

個人の都合に合わせてフレキシブルに働ける

会社に属しているITコンサルタントの場合、上司から決められた予定をこなしたり、決まった勤務時間に活動したりする必要があります。

しかし、フリーランスのITコンサルタントの場合、その必要はなく自分で勤務時間や働き方を決めることができます。

そのため、個人の都合に合わせて仕事量を調節したり、作業を分担することが可能です。

休暇を会社員では難しいほど長期でとることも可能

会社員では、自由に長期休暇を取ることが難しいですが、フリーランスの場合は仕事がある程度順調に進み経済的にも安定してきたら、自分の好きなタイミングで長期休暇を取ることが可能です。

また、上司に申請を取る必要もないので、負担が少なく気軽に休暇を取れます。

そのため、海外旅行やリフレッシュなどがしやすいです。

会社などの人間関係に悩まず、クライアントに集中できる

会社に属していると、上司や同僚、後輩など、さまざまな人間関係があるので、その人間関係によってストレスや悩みなどを抱えることがあります。

しかし、フリーランスではそういった人間関係が比較的少ないので、クライアントに集中して業務を行うことができます。

そのため、必要以上にストレスや悩みを抱える心配が少ないです。

フリーランスのITコンサルタントになるデメリット

フリーランスのITコンサルタントにはいくつかメリットがありますが、その分デメリットもいくつかあり、それに悩んでいる方もいます。

続いては、フリーランスのITコンサルタントになるデメリットについて解説します。

案件を受注するまでの営業が難しい

フリーランスのITコンサルタントは会社員のITコンサルタントよりも高い収入を得ることが可能ですが、案件を受注できなければ当然収入はありません。

そのため、案件を1つでも獲得するために営業活動を行い続ける必要があります。

また、思うように仕事を取れないこともあるので、収入が不安定になりやすく生活の保証もありません。

クライアントに対して弱い立場になりやすい

企業に属しているITコンサルタントに比べてフリーランスのITコンサルタントは、社会的信用度が低く弱い立場になることが多いです。

さらに、未経験のフリーランスの場合では、社会的信用度はほとんどありません。

そのため、クライアントから提案された依頼や単価も否定しづらく、言いなりになってしまうことがあります。

フリーランスのITコンサルタントに求められるスキル

フリーランスのITコンサルタントは単価相場が高い分、求められるスキルやIT関連の知識、スキルなどが多くあります。

続いては、フリーランスのITコンサルタントに求められるスキルについて解説します。

ITスキルとクライアントの業界知識

ITコンサルタントは、ITに関するスキルや知識は当然必要ですが、それ以外にもクライアントの業界知識が必要になります。

ITコンサルタントはIT業界の企業だけを相手にしているわけではなく、さまざまな業界の企業にコンサルティングを行います。

また、業界によって必要なシステムや提案する内容も大きく違ってくることが多いので、ITスキルに加えさまざまな業界の知識も必要です。

そのため、幅広く知識を身につけることが大切です。

論理的な思考能力

感覚や経験に基づいた知識なども大切ですが、ITに関する知識やシステム導入によって得られるメリットなどを、クライアントにわかりやすく説明するためには、論理的な思考能力が必要です。

また、企業が抱えている問題の解決や原因究明などを行う場合にも、論理性はとても効果的で、コンサルティング業務を行う上では欠かせない能力になります。

コミュニケーションのスキル

案件を獲得するための営業活動や単価交渉、クライアントとの良好な関係性を築くためには、コミュニケーションのスキルはとても大切です。

さらに、コンサルティングでしっかりとクライアントに上手く説明することができたり、良好な人間関係を築くことができたりすれば、クライアントの満足度やリピート率も上がりやすくなります。

マネジメント力

フリーランスで活動している場合、ほとんどの業務から経理関係、予定管理まで全て自分で行う必要があります。

自分の行動が大きく仕事に影響するフリーランスにとってマネジメント力はとても大切なスキルになります。

また、コンサルティング業務を行う上で、クライアントをしっかりコンサルするためにもマネジメント力はとても重要です。

営業とプロジェクトを同時進行できるマルチタスクスキル

企業のITコンサルタントであれば、営業とプロジェクトは分担して行いますが、フリーランスのITコンサルタントの場合、営業とプロジェクトを同時に行わなければいけません。

そのため、複数の業務をしっかりと管理して同時並行できるマルチタスクスキルが必要です。

さらに、それらの業務に費やす時間配分や予定の管理なども必要になります。

フリーランスのITコンサルタントを目指すための準備

フリーランスのITコンサルタントとして活動していくためにはどのような準備が必要なのでしょうか。

続いては、フリーランスのITコンサルタントを目指すための準備について解説します。

会社やSIer・ファームなどで経験値を上げる

フリーランスのITコンサルタントが仕事を獲得するためには、実績がとても重要になります。

未経験の場合では、どれだけ営業活動をしても全く仕事が獲得できないことも少なくありません。

そのため、会社やSler・ファームなどでしっかりと実績を積み、経験値を上げてからフリーランスになることをおすすめします。

また、ITコンサルタントとしてのキャリアが長いと、信用度も高まり高単価で仕事を獲得することも可能です。

必要なスキルをつける・資格を取得する

会社に属していれば、その企業に勤めていることが自分の強みになりますが、フリーランスになればその強みを使うことができなくなり、社会的信用度も大きく低下します。

しかし、ITコンサルタントとして必要なスキルや「中小企業診断士」「ITコーディネーター」などの仕事に活かせる資格を取得していれば、それだけで信用度は高まります。

また、会社に属している間に、スキルを身につけたり仕事に活かせる資格を取得したりしていれば、退職後もしっかり活用できるので、とても効果的です。 

会社員のうちに広く人脈作りをする

会社に属していれば営業担当が顧客を紹介してくれるので、人脈作りにあまり困ることはありません。

しかし、フリーランスになると自分で一から人脈を作る必要があるので、とても大変です。

さらに、フリーランスは社会的信用度も低いことから、今まで関わったことのあるクライアントを含む多くの企業から相手にされないことも少なくありません。

そのため、会社にいる間にできるだけ多くの顧客と人脈を作っておいて、フリーランスになることをおすすめします。

自分の得意分野・売りになるところを明確にしておく

営業活動を行う上で、曖昧なブランディングや自己アピールは相手に不安を感じさせてしまうため、仕事の獲得に繋がりにくくなります。

そのため、しっかりと仕事を獲得するためにも、自分の得意分野や他のITコンサルタントとは違う具体的な魅力などを企業にアピールして、相手に信頼してもらうことがとても大切です。

軌道にのるまでの生活・活動資金を用意する 

フリーランスのITコンサルタントは、軌道に乗れば高単価で安定した仕事を獲得することが可能ですが、初めから安定しているわけではありません。

実績や信用がないうちは全く仕事が獲得できないことも多いので、その状況に備えて生活や活動するための資金を自分で計算して用意しておくことをおすすめします。

ITコンサルタントという仕事の将来性

最近では、需要が減っている仕事や将来性の低い仕事が多くありますが、ITコンサルタントの将来性はどれほどあるのでしょうか。

続いては、ITコンサルタントという仕事の将来性について解説します。

ITコンサルタントのニーズはこの先も高まる

企業の業務効率を上げたり改善したりするためのシステムの導入やシステムのデザインなどのITに関するコンサルティングから、経営課題解決や戦略の提案までを行うITコンサルタントは今後もニーズが高まります。

さらに、多くの企業ではIT化が進んでおりリモートワークを導入していることが多くなっているので、その背景からもITコンサルタントはこの先も活躍の幅を広げることが可能です。

そのため、これからITコンサルタントを目指す方も多くなるでしょう。

様々な分野のITコンサルタントにニーズが広がる

ITコンサルタントには、業務効率化や業務改善のためのシステム導入やセキュリティー対策、WebマーケティングやIT企画の提案などさまざまな分野があります。

そして、特定の分野を専門的に行うITコンサルタントも多く、分野によってニーズの差があります。

しかし、IT化が年々進んでいることから、どの分野のITコンサルタントもニーズが広がり仕事量や単価相場も上がっていくことが予想されます。

ITコンサルタントは人材不足 

ITコンサルタントになるためには、さまざまな業界の知識やITに関する知識、スキルが必要になります。

さらに、複数の企業をコンサルティングするビジネスのセンスや知識も求められるので、かなりハードな仕事です。

そのため、それらの業務をしっかりと担える人材が不足しており、ITコンサルタントの希少性が高まっています。

フリーランスのITコンサルタントが使えるサービス

最近では、フリーランスのITコンサルタントが効率的に仕事を獲得するために活用できるサービスが豊富にあります。

続いては、フリーランスのITコンサルタントが使えるサービスについて解説します。

フリーランスエージェント

フリーランスエージェントは、仕事を求めているフリーランスと優秀な人材を求めているクライアントを繋げる仲介サービスです。

また、一般的な営業と違いフリーランスエージェントは、単価設定や求められているスキルや資格がはっきりしているので、お互いに使いやすいサービスです。

マッチングサービス

マッチングサービスも、フリーランスエージェントのように仕事を求めているフリーランスと人材を求めている企業を繋げるサービスです。

また、ITコンサルタント以外にもさまざまなフリーランスが利用しているので、使いやすく自分が求めている仕事を探す上で負担が少ないことが特徴です。

まとめ

世の中のオンライン化が進んでいますが、ITに関する知識を持っている方が不足しており、企業では多くの課題を抱えていることが多いです。

そのため、ITコンサルタントは年々ニーズが高まっており、これからもさまざまな業界の企業にコンサルティングを行うことが増えるでしょう。

そして、求められるスキルや知識も多いので、これからフリーランスのITコンサルタントを目指したいと考えている方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる